野菜・果物・花

    えだまめ

    暑い夏の定番おつまみといえば「えだまめ」。大豆を未熟な状態で収穫したもので、緑豆種をはじめ、茶豆種、黒大豆種などもあります。枝からもいだサヤを鮮度保持袋に詰めたり、枝にサヤを付けたままの状態で出荷されています。えだまめは鮮度が落ちやすいので、地元産がオススメです。主に7月中下旬から9月にかけて、県内外の市場に出荷されています。

    富山県内の主な産地

    JAアルプス、JAなのはな、JAいみず野 など

    JAいみず野黒大豆種枝豆「富山ブラック」

    JAいみず野黒大豆種枝豆「富山ブラック」

    JAいみず野管内では「たんくろう」という黒大豆種のえだまめを栽培し、「富山ブラック」という商品名で県内の市場をはじめ、東京や中京方面へも出荷しています。黒大豆種は産毛が茶色く、サヤが少し黒っぽく見えますが、食べると甘みとコクがあるのが特徴です。えだまめは鮮度が落ちやすいので、早朝に収穫して予冷するなど、鮮度を保つように心掛けています。長期間にわたって出荷できるよう、産地ではトンネル栽培やマルチ栽培にも取り組んでいます。

    産地:JAいみず野

    出荷期間:7月~9月

    ページトップへもどる