玄米・精米品質分析

    玄米・精米品質分析<

    お米の品質要素、外観、水分、白度(色の白さ)、美味しさなどを分析しています。

    「水分」
    お米の水分が適正な範囲にあるか調べます。

    「整粒歩合」
    お米が良く成熟して充実しているか調べます。

    「味度値」
    お米(ご飯)のおいしさを調べます。

    ひとくちメモ

    お米の保存に気を使いましょう
    お米は、収穫してから時間が経過すると徐々に「おいしさ」が失われます。
    このグラフは、コシヒカリ精米を室温10℃、30℃で90日間保存したときの味度値(おいしさ)の変化を表したものです。
    このグラフからお米は保存温度が高いと劣化する速度が速くなることがわかります。

    ページトップへもどる