トピックス

    ピックアップ

    2022年4月採用 選考参加申込を締め切りました

    JA全農の2022年4月新卒者採用について、
    令和3年4月2日(金)をもって選考参加申込の受付を締め切りました。
    たくさんのご応募、ありがとうございました。

    レポート

    アグリゴールド矢木のいちご好評販売中です!

     富山県下新川郡入善町で農産物の生産をおこなっている(有)アグリゴールド矢木の、今年のいちごの収穫が最盛期を迎え、同社の直売所をはじめ、JAみな穂「あいさい広場」や富山市内の各JA直売所にて好評販売中です。

     同社は、生産管理の徹底や農産物の品質の高さ等が評価され、令和元年度農林水産祭天皇杯を受賞しており、いちごについてはグローバルGAP認証(農産物が安全な工程で生産されていることを認証している国際基準の農業認証)を取得しています。

     ①IMG_2849.JPG ②DSC_6756.JPG
     ▲同社いちごのハウス内にて             ▲同社直売所にていちごを買い求める町民

    「かおり野」「紅ほっぺ」「よつぼし」の3品種のラインナップがあり、それぞれ味の特徴が異なり、食べ比べをされる方やリピーターも多いとのことです。

     現在は、JAみな穂「あいさい広場」のほか、JAあおば「ほほえみ館」、JA富山市「まんなか市場」、JAなのはな農産物直売所およびAコープウインズ食鮮館で販売されており、5月末頃まで続く予定です。

     ③JAみな穂あいさい広場.JPG ④JAあおばほほえみ館.jpg
     ▲JAみな穂「あいさい広場」            ▲JAあおば「ほほえみ館」
      〒939-0626 入善町入膳3489-1     〒939-2603 富山市婦中町羽根940-1

     ⑤JA富山市まんなか市場.jpg ⑥JAなのはな農産物直売所.jpg
     ▲JA富山市「まんなか市場」            ▲JAなのはな農産物直売所
      〒939-8072 富山市堀川町212番地     〒930-2224 富山市田尻東8-4


     皆様も、是非お近くの販売所へ足をお運びいただき、収穫したての美味しいいちごをご賞味ください。

    お知らせ

    JA全農とやまYouTubeチャンネルにて、お米に関するPR動画を配信しています!

     現在、JA全農では、米の消費拡大に向けた取り組みの一環として、ごはんを炊くことの楽しさを消費者に伝える「ご炊こうチャレンジ」プロジェクトを実施しており、各米産地でタレントや知事などが出演し、ごはんを炊くことの楽しさを伝える多様な動画を作成・配信し、特設サイトにて公開しています。

     ■米消費拡大ポータルサイト「NO RICE NO LIFE PROJECT」内特設サイトURL:
     https://noricenolife.jp/gotakou

     JA全農とやまも当プロジェクトへ参加し、富山県在住シンガーソングライターの高原兄さん、富山県出身歌手の水越ユカさん、料理研究家の山崎亮子さんにご出演いただき、富山米「富富富」を美味しく炊く方法や、「富富富」にあうおかずづくりにチャレンジする動画を作成し、JA全農とやま公式YouTubeチャンネルにて配信しています。

     

     

     また、全国大会常連校の強豪、富山第一高校サッカー部の皆さんにもご出演いただき、「ごはんを食べて目指せ全国制覇!」をテーマに、熱心に練習に打ち込むサッカー部の皆さんのパワーの源として、富山米をPRしています。

     

     ■JA全農とやまYouTubeアカウントURL:
     https://www.youtube.com/channel/UC6R_kkxvtpkcShgxDigKNKg

     「ご飯を炊くことで沢山の幸せを。ご多幸(炊こう)あれ!」というテーマで動画を配信しておりますので、皆さま、是非動画をご覧ください。

    レポート

    青ねぎ栽培研修会を開催しました

     JA全農とやまは4月15日(木)、令和3年度の野菜生産基盤の強化策の一つとして掲げた園芸振興策にもとづき、青ねぎ栽培研修会を開催しました。研修会には生産者をはじめ、JA・県職員等約30名が参加しました。
     研修会では、近年、需要が高まっている加工業務用青ねぎの栽培ポイントについて、富山県広域普及指導センターから説明がありました。具体的には、高品質で安定的な青ねぎを生産するため、排水対策や育苗管理、葉切りなど栽培管理のポイントが説明されました。

     DSC_6693.jpg
     ▲説明に熱心に耳を傾ける生産者やJA・県職員の皆さん

     また、JA全農とやま実証圃にて、たまねぎ定植機を活用した青ねぎ苗の移植について、実演をおこないました。

     DSC_6739.jpg
     ▲実演の様子

     JA全農とやまは引き続き、畝立機や定植機のレンタルをおこない、生産者・JAと一体となって生産拡大に取り組んでいきます。

    お知らせ

    一般競争入札にかかる公告について

     富山地区高収益野菜推進協議会 低コスト耐候性ハウス 設置工事(製造請負工事)にかかる一般競争入札について、以下のとおり公告します。

     入札公告PDFデータ

    レポート

    さといも栽培研修会を開催しました

     JA全農とやまは4月7日(水)、令和3年度の野菜生産基盤の強化策の一つとして掲げた園芸振興策にもとづき、さといも栽培研修会を開催しました。研修会には生産者をはじめ、JA・県職員等16名が参加しました。
     研修会では、高品質で安定的なさといもを生産するための栽培ポイントについて、富山県広域普及指導センターから説明がありました。具体的には、生育・肥大促進効果を高めるため、圃場選定や栽植本数、適正施肥など栽培管理のポイントが説明されました。

     DSC_6688.JPG
     ▲研修会の様子

     JA全農とやま野菜センターでは、人参・馬鈴薯・たまねぎに加え、今年度新たに、さといもの選別・調製をすることで、園芸振興を支援することとしています。
     JA全農とやまは引き続き、収穫機のレンタルや野菜センターでの選別調製作業をおこない、生産者・JAと一体となって生産拡大に取り組んでいきます。

    ページトップへもどる