トピックス

    レポート

    富山県ハトムギ生産振興協議会定期総会および研修会が開催されました

    富山県ハトムギ生産振興協議会(会長:JAアグリひみ川上修氏)は、3月8日(金)、富山県高岡総合庁舎において、定期総会と研修会を開催しました。
    総会および研修会には、JAいなば、JA氷見市、JAアルプス、県等、関係者約25名が参加しました。
    研修会では、太陽食品株式会社の竹川政男代表取締役が「富山県産ハトムギの評価と期待すること」との題目で講演をおこない、県産ハトムギと外国産ハトムギの違いについて試食を交えながら説明しました。
    県内のハトムギは、平成30年産で栽培面積402ha、生産量569tといずれも日本一であり、平成31年産においても398haを計画しています。
    当協議会では、次年度も研修会等の開催や農産物関連イベントに参加し、ハトムギの収量・品質の向上および関連商品の販路拡大に取り組んでいきます。

    DSC_9764.JPG
    挨拶をされる川上会長
    DSC_9796.JPG
    講演される太陽食品株式会社 竹川代表取締役
    レポート

    第6回肥料農薬担当職員研修会を開催しました

    JA全農とやまは3月5日(火)、富山県農協会館において肥料農薬担当者研修会を開催し、JA職員12名が受講しました。
    この研修会は、肥料農薬担当職員の資質向上を目的として年6回開催しており、今回が今年度最終回となる研修会でした。
    「春植え野菜の栽培管理」や「コーティング肥料の基礎知識」から、「密苗」や「水稲種子処理剤」などの最新技術まで、講義を通して理解を深めました。現場での課題の解決策や、最新の技術について積極的な質問が飛び交い、「今回の研修で学んだことを今後の業務に活かしたい」という受講者が多く見受けられました。
    平成31年度もJA職員が営農の現場や窓口で役立つ内容について講習会を開催する予定です。

    ⑥肥料農薬.jpg
    講義を受ける受講生の皆さん
    お知らせ

    世界にひとつだけのオリジナルギフトを作りました!

    JA全農とやまと株式会社JAライフ富山では、ブライダルシーズンに合わせ、結婚式で新郎新婦から両親へ感謝の気持ちを伝える、世界にひとつだけのオリジナルギフトの取り扱いを始めます。この企画は富山県ウエディング協会の協力のもと、実現しました。
    新郎新婦の誕生時と同じ重さのお米、出生日時、顔写真、名前などを入れたオリジナルパッケージで両親へ感謝の気持ちを表します。
    お米は、新郎新婦2人のしあわせがいつまでも"てんこもり"であるよう願いを込めて、富山県産「てんこもり」を使用します。
    また、両親へのギフトの他に、列席者にお渡しするプチギフトもご用意しています。

    【取扱可能な式場・ホテル】
    ・リバーリトリート雅樂倶
    ・ヴィラ・グランディス ウェディングリゾート富山
    ・ANAクラウンプラザホテル富山
    ・貸衣裳の和楽
    ・ホテルグランテラス富山
    ・富山第一ホテル
    ・アーヴェリール迎賓館富山
    ・ホテルニューオータニ高岡

    結婚式をお控えの方はぜひお問い合わせください。

    ○①DSC_9600.JPG
    新郎用、新婦用ご用意しています。
    ○②DSC_9696.JPG
    赤ちゃんを抱っこするようにお持ちいただけます。
    ○③DSC_9682.jpg
    列席者へのプチギフトは350mlペットボトルほどのサイズでご用意します。
    お知らせ

    エーコープマーク品活用レシピを掲載しました

    にぎわいレシピにエーコープマーク品を活用したレシピを掲載しました。
    こちらからご覧ください。

    1nasunotataki.jpg  2goya.jpg  3ebi.jpg
    なすのたたき         ゴーヤの中華風即席漬け    殻つき海老ガーリックソテー

    4toriten.jpg  5namadora.jpg  6konnyaku.jpg
    とり天            生どら            梅煮こんにゃく

    7sabanitsuke.jpg  8kyarameru.jpg
     さばの煮つけ        はちみつキャラメルナッツ

    お知らせ

    3月~5月は「2019年JAグループ春の農作業安全月間」です

    JAグループでは農作業事故防止を目的に、平成31年3月1日から5月31日までを「2019年JAグループ春の農作業安全月間」と定めています。
    田植えなどで忙しくなる春は、農作業事故が起きやすくなります。作業に適した帽子・服装を着用し、転倒・転落・誤操作に注意しましょう。また、早いうちから十分な機械の点検整備をおこない、農繁期にはゆとりある作業ができるように心掛けましょう。

    安全月間.jpg

    カテゴリー

    トピックス一覧
    ページトップへもどる