トピックス

    レポート

    30年産大麦の初検査がはじまりました!

    大麦初検査.jpg6月7日(木)にJAくろべ、6月12日(火)にJAみな穂で、30年産大麦「ファイバースノウ」の初検査がおこなわれ、全量1等に格付けされました。
    検査では、JAの農産物検査員が農産物検査法にもとづいて、大麦の外観や品質等を確認します。
    今後、県内各地で順次スタートし、7月末頃まで検査がおこなわれる予定です。

    レポート

    いっちゃん!リレーマラソン2018で富山米をPR!!

    6月3日(日)、(株)JAライフ富山と合同で、県民公園太閤山ランドでおこなわれたKNB主催「いっちゃん!リレーマラソン」に協賛しました。
    この日は、富山県産米100%使用のおにぎりや、富山県産の野菜を使用したコロッケ、魚津市で収穫した大麦を使用した麦茶を販売し、ランナーのみなさんを応援しました。

    DSC_5493.JPG


    また、前大会に引き続き、仮装ランナーにスポットを当てた「仮装ランナー選手権」にも協賛しました。
    どのチームも力の入った仮装で、会場は大いに盛りあがりました。

    DSC_5553.JPG

    1位のチームにはゲストでモデルのアンジェラ芽衣さんから富山米60kgをプレゼント!

    DSC_5571.JPG

    審査員特別賞としてJA全農とやま大川次長より富山県産コシヒカリのパックごはん(24食分)をプレゼント!

    DSC_5582.JPG

    参加者の皆さんで記念撮影

    レポート

    危険物取扱者試験 合格率アップをめざし今年も講習会を開催!

    全農大阪石油事業所富山推進課は5月31日(木)~6月1日(金)、富山県農業総合研修所において国家試験「危険物取扱者乙類第4類」を受験するJA職員の合格率アップを目的に、講習会を開催しました。
    石油などの危険物を取り扱う施設では、危険物取扱者を設置することが消防法で定められており、富山県内の33か所のJA-SSの有資格者の充実を図るため、富山推進課では毎年、本会職員が講師として講習会に取り組んでいます。
    講習会には40名が参加し、基礎的な物理・化学、危険物の性質・消火方法から始めて、最後は過去問題で出題ポイントを説明しました。2日間の短い期間でしたが、受講者は講師の説明に耳を傾け、積極的に質問する姿が見受けられました。
    試験は6月9日から県内各地でおこなわれます。受講職員全員の合格を期待しています!

    ①乙4.JPG
    多数参加した危険物取扱者講習
    ②乙4.JPG
    過去の問題傾向をふまえ、出題ポイントを説明する全農職員

    カテゴリー

    トピックス一覧
    ページトップへもどる