トピックス

    レポート

    第32回農業機械総合大展示会(農機フェア2014)を開催いたしました

     富山県JAグループとJA全農とやまは、7月12日と13日の2日間、富山市友杉のテクノホールにて、第32回農業機械総合大展示会(農機フェア2014)を開催いたしました。

     会場では、農機具メーカー約30社が大型農機から家庭用小型農機まで約1,000点を展示しました。来場者はそれぞれ興味のあるブースへ行き、熱心に機械の説明を聞き、担当者に質問をしたりする姿が見られました。

     近年富山県では、水田を活用した野菜栽培をすすめており、営農コーナーでは、機械を導入した白ねぎ、馬鈴薯、人参の栽培事例や、野菜センターでの選別調製作業の様子などを紹介しました。また、県産のじゃがいも、たまねぎ、牛肉をたっぷり使用した揚げたてのコロッケも販売しました。

     その他にも、ステージ上では、ものまね芸人によるステージショーや農機具に乗っての写真撮影会、各ブースでは、肥料・農薬の紹介、健康相談、リース、写真展示コーナーなどが設けられ、会場は期間中約8,500人の来場者が訪れ、大いに賑わいました。

    DSC_7012.JPG
    大型農機から家庭用小型農機まで一堂に展示
    DSC_7174.JPG
    田植機の性能について質問する来場者ら
    DSC_7126.JPG
    屋外の実演コーナーも人気!
    DSC_7098.JPG
    肥料農薬コーナーでは、肥料の紹介や土づくりのポイントを紹介
    DSC_7007.JPG
    今年から設置したふれあい写真コーナーには生産者の写真を展示
    DSC_6991.JPG
    県産の野菜を使用したコロッケはお土産に人気!中にはその場で召し上がる方も
    DSC_7067.JPG
    田植機に乗っての写真撮影会は家族連れに大好評!
    ページトップへもどる