トピックス

    レポート

    富山県営農指導員研修大会を開催しました

    富山県営農技術指導員協議会(事務局:JA全農とやま)は1月27日(火)、富山県農協会館8階ホールで富山県営農指導員研修大会を開催し、JA営農指導員ら約140名が参加しました。
    研修大会では新川、富山、高岡、砺波地区代表の営農指導員が、日ごろ自分たちが取り組んでいる営農指導についての事例発表をおこないました。事例発表では、古くから地域に根差した農産物の生産をさらに活性化する取り組みや、新たな栽培品目への取り組みなど、各々の地域の特色を生かした事例が発表されました。発表されたテーマは、次のとおりです。

    新川地区代表
    JAうおづ 稲葉唯さん 「魚津の果樹生産者とJAとのかかわりについて」

    富山地区代表 
    JAなのはな 鈴木雅之さん 「西部支店における軟弱野菜や寒甘野菜栽培の取り組み」

    高岡地区代表
    JA氷見市 小路修平さん 「灘浦地区でのみかん栽培と地域活性化について」

    砺波地区代表
    JAとなみ野 木村未来さん 「東般若地区での育苗ハウスを利用した野菜栽培の取り組み」

    JA全農とやまは、今後も研修会等をとおして営農指導員の情報交換の場を設け、営農指導の活性化をはかっていきたいと考えています。

    営農1.jpg
    発表者のみなさん
    営農2.jpg
    事例発表に真剣に耳を傾ける参加者
    ページトップへもどる