トピックス

    レポート

    JA職員が農薬について学びました

    JA全農とやまは6月3日、北興化学工業株式会社富山支店において、肥料農薬担当者研修会「農薬編」を開催し、JAの購買担当者や営農指導員など21名が受講しました。
    この研修会は、肥料・農薬取扱業者としての資質向上とJA購買店舗の活性化をはかることを目的に、今年度6回シリーズで開催を予定しています。
    今回は4月に開催した「魅力ある購買店舗づくり編」に続く2回目の研修会で、主にこれから初夏にかけて使用頻度が高くなる水田除草剤や防除剤、主要茎葉処理除草剤の特徴と安全な使用方法について講義しました。実習では、マスクや手袋などの正しい防護装備の着用方法や、実際にJAで取り扱っている農薬を使用して、安全な希釈や散布方法を学びました。
    今回受講された職員の方には、組合員のみなさんが安全な農業生産活動ができるよう、農薬の販売や営農指導などの場面において、学んだ知識を生かしていただきたいと思います。
    3回目は「園芸編」として8月上旬に開催し、富山県における園芸振興の取り組みや園芸用資材について講義いたします。

    ○P1050220.jpg
    ○P1050234.jpg
    農業用マスクと手袋をして、正しい除草剤散布の仕方を学びました
    ○P1050236.jpg
    事前に茎葉処理剤散布した区画で、雑草の枯れ具合を確認しました

    カテゴリー

    トピックス一覧
    ページトップへもどる