トピックス

    レポート

    バスツアーで富山のお米を満喫!

    JA全農とやまは6月27日、「FMとやま開局30周年記念 JA全農とやま親子で気ままなバスツアー」を開催しました。ツアーには、抽選で選ばれた県内の親子18組36名が参加されました。
    参加者はまず、お米を保管している本会の連合倉庫を見学しました。参加者は高く積み上げられたお米を見てびっくりした様子で、温度・湿度の管理など大切に保管されていることを確認しました。

    FM1.jpg

    倉庫の前で「はい、チーズ!」

    続いてはバスで移動し、立山町にある富山米100%使用の米菓を製造販売しているささら屋へ。ここでは工場見学とせんべいの手焼きを体験しました。

    FM2.jpg

    さらに次の目的地、宇奈月温泉のフィール宇奈月へ。
    ここでは富山県産新じゃがつめ放題ゲームと足湯を体験しました。

    FM3.jpg

    そして、いよいよお待ちかねの昼食。
    昼食は富山県で生産しているお米「コシヒカリ」「てんたかく」「海藻アルギット米コシヒカリ」3銘柄の食べ比べや、富山県産牛コロッケなど県産食材を使用し作られた料理を堪能しました。昼食後は「お米クイズ」にみんなで挑戦し、正解者3名の方にお米をプレゼントしました。お腹もいっぱいになり、みなさん大満足でした。

    FM4.jpg

    そして次の目的地に移動。入善町で無菌パックごはんを製造する株式会社ウーケの工場で、パックごはんが製造される様子を見学し、入善町海洋深層水パークで実際に深層水を触ってみました。

    最後は北陸新幹線!JR黒部宇奈月温泉駅に移動し「はくたか563号」で富山駅に向かいました。

    FM5.jpg

    こうして無事一日が終わり、お腹も心も大満足のバスツアーとなりました。

    ページトップへもどる