トピックス

    レポート

    平成27年度店舗活性化県外研修を開催しました

    JA全農とやまは10月22、23日の2日間、大阪府において「平成27年度店舗活性化県外研修」を開催しました。この研修会はJA購買店舗の集客力アップを目的に平成24年度から始めたもので、今回で4回目の開催となりました。研修会にはJAの購買店舗や産直店舗担当者5名が参加しました。
    1日目は堺市の農業テーマパーク「ハーベストの丘」と岸和田市のJAいずみの農産物直売所「愛彩ランド」を視察しました。特に「愛彩ランド」は近畿地方では最大規模のJAによる直売所ということもあり、POPの陳列方法、チラシの作り方、お客様の動線作りなど参考となる点が多く、参加者と店長が販売戦略について熱心に質疑応答し、今後の店舗業務に役立つ視察となりました。
    2日目はJA全農北陸・東海・近畿営農資材事業所(大阪)で座学研修をおこないました。全国のJA購買店舗や商系ホームセンター等の優良事例の紹介を通じて、陳列技術のレベルアップや販売につながる情報発信力の強化について学び、実際の業務強化につながる内容となりました。
    この研修会は来年度以降も開催する予定としており、県内JAの店舗運営のレベルアップに貢献していきます。

    店舗活性化研修会1.jpg
    JAいずみの 愛彩ランドは規模の大きい産直売り場でした。
    店舗活性化研修会2.jpg
    ハーベストの丘にあるJA堺市 農産物直売所「またきて菜」
    ページトップへもどる