トピックス

    レポート

    第4回肥料窓口担当者研修会を開催しました

    JA全農とやまは10月14日、株式会社JAライフ富山肥料事業部において、肥料農薬担当者研修会「肥料編」を開催し、JAの購買担当者や営農指導員など20名が参加しました。
    この研修会は、肥料・農薬取扱業者としての資質向上とJA購買店舗の活性化をはかることを目的に、今年度6回シリーズで開催しています。第4回目は、園芸肥料のノウハウや富山県で幅広く使われている「BB肥料」について学びました。
    「BB肥料」とは2種類以上の原料を水や熱を加えずに直接配合した肥料のことです。小ロット・低コストでの製造が可能なため、地域ごとのニーズに合わせた肥料の供給が可能です。
    研修では、模型を用いてBB肥料の配合の仕組みを学んだり、実際にBB肥料の工場内で製造の流れ・品質管理を視察し、BB肥料への理解を一層深めることができました。
    5回目は「接客編」として、12月上旬に開催の予定です。なお、過去の記事はこちらをご覧ください。第2回第3回

    ○P1040502.jpg
    講義では、園芸肥料の種類や用途などについて学びました
    ○P1040486.jpg
    模型によるBB肥料の配合実演。原料がきれいに配合され、その仕組みに感心しました
    ○P1040499.jpg
    BB肥料工場内視察。製造過程についての説明を受ける参加者の皆さん

    カテゴリー

    トピックス一覧
    ページトップへもどる