トピックス

    レポート

    田植え体験を実施!

    JA全農とやまは毎年5月に、日ごろから富山米をご愛顧いただいている消費者の方々や卸のみなさんに富山へ来ていただき、田植え体験を実施しています。

    ■5月6日(金)
    ㈱プレナスとJA福光・JA全農とやまが共同で取り組む「おいしい米作り」の栽培試験をおこなう圃場の田植えを、㈱プレナスのバイヤーを招いて実施しました。
    ㈱プレナスが展開している「ほっともっと」、「やよい軒」のお弁当などに富山県産「コシヒカリ」と「てんこもり」が使用されています。
    ㈱プレナスHP

    ○写真元1.jpg

    ■5月10日(火)
    ㈱魚喜の社員の方々が社員研修の一環として、JAいなば管内・茄子島営農組合圃場で田植えを体験されました。
    ㈱魚喜の回転寿司店全店舗で富山県産「てんたかく」が使用されています。
    ㈱魚喜HP

    ○写真元2.jpg

    ■5月14日(土)
    関西地区のスーパーチェーンイズミヤ㈱で、富山米を購入された方から抽選で選ばれた9家族34名が、JAあおば管内・千里中央営農組合圃場で田植えを体験されました。
    イズミヤ㈱で販売されている富山米は、JAあおばの「コシヒカリ」です。
    イズミヤ㈱HP

    ○写真元3.jpg

    ■5月21日(土)
    中京地区等のアピタ・ピアゴで「立山町のお米こしひかり」を購入された方から抽選で選ばれた親子20組40名が、JAアルプス管内・上段中部営農組合圃場で田植えを体験されました。
    ユニー㈱HP

    ○写真元4.jpg

    同日、大阪府の生活協同組合おおさかパルコープで富山米を購入された方を対象に親子16組32名が、JAいなば管内・藤森営農組合圃場で田植えを体験されました。
    日本生活協同組合連合会HP

    ○写真5image2.jpg

    ページトップへもどる