トピックス

    レポート

    危険物取扱者試験 合格率アップをめざし今年も講習会を開催!

    全農大阪石油事業所富山推進課は6月1日~2日、富山県農業総合研修所で国家試験「危険物取扱者乙類第4類」を受験するJA職員の合格率アップを目的に、講習会を開催しました。

    石油などの危険物を取り扱う施設では、危険物取扱者を設置することが消防法で定められています。富山県内には34か所のJA-SSがあり、富山推進課ではJAが安全にSS運営をできるよう有資格者の普及を推進しています。

    講習会には、昨年の参加人数を大幅に上回る37名のJA職員が参加しました。
    講習では講師を務める本会職員の解説に耳を傾け、真剣にメモをとる姿が多く見受けられました。2日間という短い時間でしたが、危険物の性質から過去問題の解説までをおこない、効率よく出題ポイントの解説をすることができました。
    試験は6月12日から県内各地でおこなわれています。受講職員全員の合格を期待しています!

    ○写真1.jpg
    多数参加した危険物取扱者講習会
    ○写真2.jpg
    過去の問題傾向をふまえ、出題ポイントを説明する全農職員
    ページトップへもどる