トピックス

    レポート

    JA農機担当職員が接客スキルを学びました

    JA全農とやまは県内JAと一体となって、組合員に信頼され利用しやすいJA農機センターづくりに取り組んでいます。
    12月6日には接客力・サービス力の向上を目指し、JA富山中央会農業総合研修所で「JA農機担当初級職員研修会」を開催し、農業機械部門の業務経験5年未満の職員15名が参加しました。
    研修会では訪問時の挨拶と留意点のほか、話題作り、商品の特徴を分かりやすく伝える方法を学びました。また、どのような接客が組合員から好まれるのかをイメージしたうえでロールプレイし、実際の現場で適切な対応ができるスキルを身に付けました。
    今後は、研修会で学んだことを継続して日々の業務に活かしていけるよう、各自が目標を定め達成に向けて取り組んでいきます。

    初級職員研修会③.jpg
    研修会の様子
    初級職員研修会④.jpg
    参加者同士で接客方法を実践練習
    ページトップへもどる