トピックス

    レポート

    TAC・営農指導員・担い手金融リーダー合同会議を開催

    JA全農とやまは、富山県担い手サポートセンターの事業の一環として、JA富山中央会、農林中央金庫、全共連富山県本部などと合同で「TAC・営農指導員・担い手金融リーダー合同会議」を開催しました。
    2月7日に富山県農協会館で行われた会議には、JAの営農指導員・担い手金融リーダーら約40名が参加し、JA自己改革の実践にあたり、多様化する担い手ニーズに応えるための取り組みについて意見交換が行われました。
    4班に分かれたグループ討議では、担い手ニーズに継続的に対応していくために、JAにおける情報共有のあり方を協議し、情報を共有するための自らの行動を策定しました。担い手に貢献するために役立つ資料や知識を組織内で共同に持つことの重要性を再認識し、どのように事業間の連携を強化するかについて一人一人が考えを深めました。
    今後も富山県JAグループが一体となり情報共有をすすめ、JAの総合力を発揮して担い手を支援していきます。

    ○グループワーク 真剣.jpg
    グループワークに真剣に取り組む参加者
    ○グループワーク 発表.jpg
    グループ発表の様子
    ページトップへもどる