トピックス

    レポート

    加工用キャベツ栽培研修会および播種前会議を開催しました

    JA全農とやまは、6月12日にJA全農とやま生活センターで加工用キャベツ栽培研修会および播種前会議を開催し、生産者やJA職員等40名が参加しました。
    今回の栽培研修会では、県の広域普及指導センターから、播種、育苗、定植前の圃場準備、防除の体系など栽培のポイントを説明しました。また、播種前会議では、出荷予定数量の確認をおこない、今年の販売方針、実需者との商談状況などを説明し、ニーズに対応したキャベツの栽培、出荷を依頼しました。その他、全農が所有する作業機械のレンタルについてや追肥一発肥料の案内、排水対策関連機械の新規レンタル開始について説明しました。

    今後も、加工用キャベツの単収、品質向上に向けて全農各課が連携をとり、生産者をしっかりとサポートしていきます。

    キャベツ.jpg
    研修会の様子
    ページトップへもどる