トピックス

    レポート

    農業法人の乾燥調製施設が完成しました

    8月10日、JA全農とやまが設計監理した、農業法人の乾燥調製施設が完成しました。
    施設は共に鉄骨1階建てで、富山米の乾燥調製施設(ミニライスセンター)として利用されます。当施設で運用される乾燥機は遠赤外線タイプであり、地球環境にやさしく高品質な乾燥が可能となります。
    今後もJA全農とやまは、使いやすい施設づくりに取り組んでいきます。

    ①乾燥施設.JPG
    下新川郡入善町地内 延べ床面積は362.55㎡
    ②乾燥施設.JPG
    南砺市福光地内 延べ床面積は840.76㎡
    ページトップへもどる