トピックス

    レポート

    富山県畜産共進会 肉牛の部(枝肉)を開催しました!

    JA全農とやまは12月1日、家畜飼養技術の向上と品質改善を目的に、株式会社富山食肉総合センターにおいて富山県畜産共進会肉牛の部(枝肉)を開催しました。

    本共進会には県内肥育農家21戸から和牛33頭、交雑牛20頭の合計53頭が出品されました。公益社団法人日本食肉格付協会の格付にもとづき、厳正なる審査の結果、肉用和牛の部ではJA氷見市管内の谷島正市さん、肉用乳牛の部(F1含む)ではJAいなば管内の山本信雄さんの出品牛がそれぞれ優等賞1席に選ばれました。また、今回出品された和牛33頭が「とやま和牛」に、交雑牛14頭が「とやま牛」に認定されました。
    谷島さんが出品した和牛は枝肉重量が569.0kg、歩留まり等級A、肉質等級5、BMSナンバー(脂肪交雑)11に格付されました。BMSナンバー11に格付された枝肉が他に2頭いる中で、瑕疵がないこと、切開面全体に脂肪交雑が見られること、肉の光沢が特に優れていることが受賞の決め手となりました。
    山本さんが出品した交雑牛は枝肉重量が490.5kg、歩留り等級B、肉質等級5、BMSナンバー8に格付されました。肉用乳牛の中で唯一5等級に格付されたこと、枝肉の肉付きに優れていることが受賞の決め手となりました。
    出品された枝肉はセリにかけられ、谷島さんの和牛は単価3,615円/kg、販売金額2,056,935円、山本さんの交雑牛は単価1,805円/kg、販売金額885,352円で販売されました。
    その他の主な受賞者は次の通りです。

    【肉用和牛の部】








    【肉用乳牛の部】








    農林水産大臣賞.JPG
    表彰式(農林水産大臣賞)
    農政局長賞.JPG
    表彰式(北陸農政局長賞)
    枝肉切開面(優等賞1席【和牛】).JPG
    肉用和牛の部優秀賞1席の枝肉
    枝肉切開面(優等賞1席【交雑種】.JPG
    肉用乳牛の部優秀賞1席の枝肉

    カテゴリー

    トピックス一覧
    ページトップへもどる