トピックス

    レポート

    JAいみず野 籾殻循環施設が完成

    JA全農とやまが設計監理した、JAいみず野籾殻循環施設が完成し、5月30日(水)に竣工式をおこないました。
    建物は鉄骨1階建て、延べ床面積は417.46㎡です。
    当施設はカントリーエレベーターやライスセンターから出てくる籾殻を燃焼し、燃焼熱は冬場の園芸施設の暖房用熱源として活用します。また、籾殻燃焼灰は珪酸成分を多く含んでおり、土づくり資材の原料として活用するなど、環境に配慮した循環型施設です。
    今後もJA全農とやまは、組合員のみなさまに使いやすく、環境に優しい施設づくりに取り組んでいきます。

    籾殻循環施設.jpg
    富山県射水市沖塚原地内

    カテゴリー

    トピックス一覧
    ページトップへもどる