トピックス

    レポート

    富山県海藻アルギット米生産部会設立30周年記念総会が開催されました

    12月1日(土)、富山第一ホテルにおいて、富山県海藻アルギット米生産部会「第30回記念総会」が開催され、生産者やJA職員、県関係者など116名が参加しました。
    海藻アルギット米は、化学肥料や農薬の使用を通常のコシヒカリの半分以下に減らし、「アルギット」という天然海藻と良質の有機肥料を土に与えて栽培することで、甘みや粘り、香りの良い深い味わいになるお米で、当県本部では県内外の取引先に特別栽培米として販売しています。(主な販売先は下記のとおり)
    総会では常田久紀会長が「生産者、JA、全農、卸業者で将来を見据えた農業を進めていきたい」との挨拶の後、今年度の事業報告、来年度の事業計画が承認されました。
    また、富山県農林水産部 草野浩一次長、JAとなみ野 土田英雄常務理事、JA全農とやま 柏原隆県本部長、JAあいち経済連 渡邊靖治米穀部長が祝辞を述べました。
    総会に先立ち、東京農業大学名誉教授の小泉武夫氏による「米と発酵の文化」をテーマとした記念講演がおこなわれました。

    DSC_7859.JPG
    常田会長の挨拶

    アルギット米.jpg

    県内の販売先:平和堂、コープとやま など
    県外の販売先:京都市民生協(関西)
           コープデリ(関東)
           コープさっぽろ(北海道) など

    カテゴリー

    トピックス一覧
    ページトップへもどる