トピックス

    レポート

    夏季肉牛枝肉共進会を開催しました

    JA全農とやまは8月2日(金)、県内肉牛生産者の肥育技術向上と販売促進を目的に、(株)富山食肉総合センターで夏季肉牛枝肉共進会を開催しました。
    本共進会には県内肥育農家18戸から和牛24頭、交雑牛20頭の合計44頭が出品され、公益社団法人日本食肉格付協会の格付にもとづく厳正なる審査の結果、和牛の部ではJA氷見市管内の宮本忍さん、交雑牛の部ではJAみな穂管内の(株)ファーム谷口さんの出品牛がそれぞれ最優秀賞1席に選ばれました。また、今回出品された和牛24頭すべてが「とやま和牛」に、交雑牛20頭のうち17頭が「とやま牛」に認定されました。
    宮本さんが出品された和牛は枝肉重量が604.0kg、歩留まり等級A、肉質等級5、BMSナンバー(脂肪交雑)12に格付され、肉質の良さが受賞の決め手となりました。
    (株)ファーム谷口さんが出品された交雑牛は枝肉重量が570.0kg、歩留まり等級A、肉質等級5、BMSナンバー9に格付され、出品牛の中で最も高いBMSナンバーが受賞の決め手となりました。
    出品された枝肉はセリにかけられ、宮本さんの和牛は単価3,302円/kg、販売金額1,994,408円、(株)ファーム谷口さんの交雑牛は単価1,822円/kg、販売金額1,038,540円で販売されました。
    その他の主な受賞者は次の通りです。

    【和牛の部】
    ①和牛の部.png

    【交雑牛の部】
    ②交雑牛の部.png


    ④表彰式.JPG
    表彰式
    和牛の部最優秀賞1席の枝肉.JPG
    和牛の部最優秀賞1席の枝肉
    交雑牛の部最優秀賞1席の枝肉.JPG
    交雑牛の部最優秀賞1席の枝肉

    カテゴリー

    トピックス一覧
    ページトップへもどる