トピックス

    レポート

    早生品種「てんたかく」が県外に向けて初出荷!

    9月2日(月)、富山連合倉庫において早生品種「てんたかく」の県外向けの初出荷式をおこないました。
    開式にあたり、JA全農とやま細田運営委員会会長が「今年のてんたかくは香り、味ともに申し分のない味わい。昨秋デビューの富富富含め、安全安心な富山米を県外に届けてほしい。」と挨拶し、引き続き、来賓の富山県農林水産部の河村部長と富山県JA農産物検査協議会の川合副会長から祝辞をいただきました。

    ①会長.JPG


    続いて、富山市双葉保育所の園児がドライバーの皆さんに、安全運転の願いを込めて花束と手作りのレイを渡し、「フレー、フレー、新米!」とエールを送りました。
    ②エール.JPG


    また、射水市出身のシンガーソングライター、水越ユカさんが「おらっちゃらっちゃの富山米」を歌い、式典に華を添えました。
    ③水越さん.JPG


    その後、テープカットをおこない、参集者一同で中京・関西圏に出発する5台のトラックを見送りました。
    ④トラック.JPG


    式典終了後には、富山県産の夏野菜を使用した「とやま夏野菜カレー」を試食としてふるまい、新米を堪能していただきました!

    ページトップへもどる