トピックス

    レポート

    令和2年度「海藻アルギットにら」の出荷が始まります

     「海藻アルギットにら」の出荷がいよいよ始まります。5月30日(土)、この日はJAとなみ野 苗島農産物出荷施設へ、JA間の垣根を越えて生産者から5kgに箱詰めされたニラが順次持ち込まれました。集められたニラは一旦、保冷庫で予冷され、統一ブランド 富山県産「海藻アルギットにら」として出荷されます。
     6月1日(月)より店頭に並び、出荷は富山・高岡・金沢市場を皮切りに大阪・中京市場にも出荷され、今年度は、東京市場にも出荷される見込みです。出荷は10月ごろまで続くと見込まれています。
     「アルギット」とは、北欧の海で栄養分をしっかり吸収して育った天然海藻で、これを肥料として土に施すと肉厚で甘みがあるニラが育つことに加え、日保ちがするということで、県内外の市場からも高い評価を得ています。
     今年度の栽培面積は、前年と同じ5.4haで160tの出荷を目指します。JAとなみ野アルギットにら生産組合 片田尚希組合長によれば、今年は天候にも恵まれ、生育は順調とのことです。

    ①.jpg
    海藻アルギットにらをPRする片田組合長(右)

    ②.jpg
    集められたニラは一旦、保冷庫で予冷される

    ページトップへもどる