トピックス

    レポート

    第3回農機担当初級職員研修会を開催しました

     7月22日(水)、JA全農とやま主催の「第3回農機担当初級職員研修会」が開催され、JA職員11人が参加しました。
     今回の研修では、秋の農繁期に向けて乾燥調製機を中心とした修理整備の技術向上を目的とし、株式会社サタケより講師を招きおこなわれました。
     午前の部では、籾摺機、計量機の一連の工程のほか、各部・パーツの調整具合や構造・仕組みについて学び、午後の部では、光選別機の日常点検や、トラブルシューティングについて学びました。
     参加者は講師の説明に真剣に耳を傾け、米の収穫を間近にひかえ、意識の高さがうかがえる研修会となりました。

     第4回は8月に「コンバイン修理整備研修」を予定しています。

     DSC_2721.JPG
     ▲講師の説明に真剣に耳を傾ける参加者

     DSC_2735.JPG
     ▲計量機の構造について学ぶ様子

    ページトップへもどる