トピックス

    レポート

    第2回肥料農薬担当職員研修会を開催しました

     JA全農とやまは8月19日(水)、JA全農とやま生活センターにおいて、第2回肥料農薬担当職員研修会を開催し、JA職員19名が受講しました。
     この研修会は肥料農薬担当職員の資質向上を目的として、年4回の開催を予定しており、今回は2回目の開催となります。
     今回の研修のテーマは「園芸」で、午前の部では、秋冬野菜の作り方、富山県の園芸肥料について、午後の部では、園芸農薬の上手な使い方、JA全農とやまの園芸振興の取り組みについて講義をおこないました。
     その後、受講者はJA全農とやま野菜センターで設置に至る背景や機能について理解を深め、施設を見学しました。この野菜センターは、人参や馬鈴薯などの選別調製作業を担うことで、生産者の負担を軽減することと、県内野菜の一元集荷による販売強化を目的として設置されています。

     DSC_3677.jpg
     園芸肥料・農薬の上手な使い方について講義を受けるJA職員の皆さん

     DSC_3686.jpg
     処理能力等の概要説明を受けるJA職員の皆さん(野菜センター)


     第3回は11月に肥料に関する研修会を予定しています。

    ページトップへもどる