トピックス

    レポート

    令和2年産大豆の初検査がはじまりました

     10月15日(木)にJAみな穂で、令和2年産大豆「エンレイ」の初検査がおこなわれ、全量合格に格付けされました。
     富山県では令和2年産より「エンレイ」から品質および収量の安定が期待できる新品種「えんれいのそら」へ全量切り替えました。
     なお、品種は「えんれいのそら」へ切り替えましたが、農産物検査では従来と同様に「エンレイ」として検査し出荷されます。
     今後、県内各地で順次スタートし、2月下旬まで検査がおこなわれる予定です。

    DSC_4295.jpg
    大豆の品質を確かめるJAみな穂の農産物検査員ら
    ページトップへもどる