トピックス

    レポート

    富山県産「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」の販売が始まりました!

     県園芸振興推進協議会と富山中央青果株式会社、県野菜協会、JA全農とやまは、12月22日(火)、富山市のフューチャーシティファボーレ内のアルプラザ富山で「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」の販売開始にあわせ、店頭PRをおこないました。
     県では、冬期間の気象条件を活かし、「寒さにさらす」「低温下でじっくり時間をかけて育てる」「一定期間、貯蔵する」などして、甘みが増したり、やわらかく育った野菜を「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」として生産に取り組んでいます。
     店頭では、寒締めほうれんそうや寒締めこまつな、にんじん、小かぶが並び、来店した大勢のお客さんが買い求めました。
     また、野菜の甘味を活かしたしゃぶしゃぶや和え物など手軽に作れるレシピを配布し、カンカン野菜の特徴や魅力をPRしました。

     DSC_5293.jpg
     ずらりと並んだカンカン野菜

     DSC_5335.JPG
     店頭でカンカン野菜の魅力をPRしました

    ページトップへもどる