トピックス

    レポート

    さといも栽培研修会を開催しました

     JA全農とやまは4月7日(水)、令和3年度の野菜生産基盤の強化策の一つとして掲げた園芸振興策にもとづき、さといも栽培研修会を開催しました。研修会には生産者をはじめ、JA・県職員等16名が参加しました。
     研修会では、高品質で安定的なさといもを生産するための栽培ポイントについて、富山県広域普及指導センターから説明がありました。具体的には、生育・肥大促進効果を高めるため、圃場選定や栽植本数、適正施肥など栽培管理のポイントが説明されました。

     DSC_6688.JPG
     ▲研修会の様子

     JA全農とやま野菜センターでは、人参・馬鈴薯・たまねぎに加え、今年度新たに、さといもの選別・調製をすることで、園芸振興を支援することとしています。
     JA全農とやまは引き続き、収穫機のレンタルや野菜センターでの選別調製作業をおこない、生産者・JAと一体となって生産拡大に取り組んでいきます。

    ページトップへもどる