トピックス

    レポート

    大和富山店で県産農産物の販売を開始しました

     JA全農とやまは、11月13日(土)より、富山市の大和富山店の地下1階にある青果店「九州屋」にて、富山県産農産物の販売を開始しました。

     県産農産物の販路拡大および県内外の消費者からの認知度向上を目的として、生産者・農協・店舗・当県本部が一体となり始めた新しい取り組みで、販売開始当日からたくさんのお客様が売り場に足をとめ、商品を手に取っていました。

     現在販売しているのは、入善町の(有)アグリゴールド矢木にて生産しているミニトマトおよび魚津市の桃山ブドウ園にて生産しているシャインマスカットの2種類です。12月からはアグリゴールド矢木のいちごの販売も予定しています。

     今後も引き続き専用の売り場を設け、生産者を限定し旬の県産農産物を継続して販売していく予定です。

     普段富山市内では手に入りにくい人気の果物や野菜をお買い求めいただけます。是非ご利用ください!

     DSC_0504.JPG

     大和富山店でのPR販売.JPG

    ページトップへもどる