トピックス

    レポート

    「NHK歳末たすけあい」募金に寄付しました!

    JA全農とやまは12月11日(火)、NHK富山放送局で「NHK歳末たすけあい」募金に145,900円を寄付しました。寄付金は、11月にJA全農とやま職員と子会社の株式会社JAライフ富山、くみあい建設株式会社社員に募金の協力を呼びかけ集めたものです。
    JA全農は、社会貢献活動の取り組みの一環として「NHK歳末たすけあい」募金等へ寄付をおこなう全国統一運動を毎年実施しています。募金は共同募金会を通じて、国内の福祉施設や支援を必要とする方々のために役立てられます。

    DSC_7932.JPG
    角波博文管理部長からNHK富山放送局平野亨副局長へ贈呈
    レポート

    富山県畜産共進会 肉牛の部(枝肉)を開催しました!

    JA全農とやまは11月30日(金)、家畜飼養技術と肉質の向上を目的に、株式会社富山食肉総合センターにおいて富山県畜産共進会肉牛の部(枝肉)を開催し、和牛30頭、交雑牛18頭の計48頭が出品されました。
    公益社団法人日本食肉格付協会の格付にもとづき、厳正なる審査の結果、肉用和牛の部、肉用乳牛の部(交雑牛含む)ともにJA氷見市管内の谷島正市さんの出品牛が優等賞1席に選ばれました。また、今回出品された和牛30頭が「とやま和牛」に、交雑牛15頭が「とやま牛」に認定されました。
    優等賞1席を受賞した和牛は枝肉重量が597.0kg、歩留まり等級A、肉質等級5、BMSナンバー(脂肪交雑)12に格付され、同じく交雑牛は枝肉重量が483.0kg、歩留り等級B、肉質等級5、BMSナンバー9に格付されました。
    出品された枝肉はセリにかけられ、優等賞1席の和牛は単価3,308円/kg、販売金額1,974,876円、優等賞1席の交雑牛は単価1,860円/kg、販売金額898,380円で販売されました。
    その他の主な受賞者は次の通りです。

    【肉用和牛の部】
    ①肉用和牛結果.jpg

    【肉用乳牛の部】
    ②肉用乳牛結果.jpg


    ③表彰式(農林水産大臣賞).JPG
    表彰式(優等賞1席の谷島正市様)

    ⑤和牛優秀1等.JPG
    肉用和牛の部 優等賞1席の枝肉

    ⑥交雑1等.JPG
    肉用乳牛の部 優等賞1席の枝肉

    レポート

    【12/14・15】「アグリチャレンジ2018(担い手向け農業機械展示会)」を開催!!

    富山県JAグループでは、12月14日(金)・15日(土)の両日、富山産業展示館(テクノホール)で「アグリチャレンジ2018(担い手向け農業機械展示会)」を開催します。
    3年目の開催となる今回は、担い手経営体に向けた、①来年度の更新機械選定に向けた提案 ②生産資材コスト引き下げの取り組み紹介 ③複合経営に関する情報提供 をキーワードに開催します。
    各コーナーでは「機能を絞った60馬力の共同購入トラクター展示」「完全自動飛行ドローン展示」「営農・園芸情報」の他、「排ガス規制対象前の特価品や実演機展示」「冬の必需品除雪機」等の展示および情報提供をおこないます。
    また、県内の生産者や農業機械メーカーによる講演会・製品発表会を実施します。
    JAグループによるJAグループにしかできない内容となっていますので、是非ご来場ください。富山県JAグループ職員一同、お待ちしています。

    【日時】平成30年12月14日(金)・15日(土)
        10:00~16:00(15日は15:00まで)
    【場所】富山産業展示館(テクノホール):富山市友杉1682

    チラシ表.jpg
    チラシ裏.jpg
    レポート

    FIBAバスケットボールワールドカップ2019アジア地区予選で富山米をPR!

    11/30(金)、12/3(月)、富山市総合体育館で開催された「FIBAバスケットボールワールドカップ2019アジア地区二次予選」の会場で、富山米のPR販売をおこないました。
    会場では、富山県産コシヒカリを使用したおにぎりやはとむぎ茶等を販売し、買い求めるサポーターからは大人気でした。
    なお、試合は両日ともにサポーターの熱い声援に応え、日本代表が勝利を収めました。

    PB300773.JPG

    20181130_194843.jpg

    レポート

    第6回農機担当初級職員研修会(除雪機修理技術研修)を開催しました

    JA全農とやまは11月21日(水)、農林水産公社農業機械研修センターにおいて第6回農機担当初級職員研修会を開催しました。この研修会は、経験年数の浅いJA農機担当者の技術向上を目的とした研修会です。6回目となる今回は、これから降る雪に備えて、除雪機の修理整備研修をおこないました。
    除雪機の構造と各部調整方法
    ②実機確認
    ③商品説明(和同産業・ヰセキ北陸)

    参加者からは、「昨シーズンの大雪が印象強く、購入するユーザーが多い。整備依頼も多く受けているので非常に有意義な研修であった。」という声が多くあがりました。

    ①農機.jpg
    除雪機の構造について学ぶ様子
    ②農機.jpg
    除雪機の各部調整方法について学ぶ様子

    カテゴリー

    トピックス一覧
    ページトップへもどる