トピックス

    レポート

    平成30年産加工用キャベツ栽培実証圃成績検討会を開催しました

    JA全農とやまと県は、2月8日(金)、富山県農業総合研究所において、今年度栽培した加工用キャベツの栽培実証圃成績検討会をおこないました。
    検討会では、県内各地で実施した品種比較試験や省力化のための施肥体系(基肥一発肥料)の試験結果報告をおこないました。
    今年度は、作付面積33ha(前年比112%)、出荷量636t(前年比60%)となり、作付面積は拡大しましたが、高温日の連続と定植後の豪雨等で品質が低下し、収量が大きく減少しました。
    今年度の試験結果をふまえ、来年度も引き続き栽培実証試験をおこない、農家所得の向上に向け、加工用キャベツの収量・品質の向上などの取り組みを進めていきます。

    P1010075.JPG
    お知らせ

    JA全農とやまPresents「ほおばる幸せ。富山米シート」で富山グラウジーズを応援しましょう!!

    JA全農とやまは、3月16日(土)、17日(日)に富山市総合体育館で開催される「富山グラウジーズ VS 滋賀レイクスターズ」戦に特別協賛します。
    チケットは「富山米シート」をご購入いただくと大変お得です。

    ≪ご購入方法≫
    〇前売券:富山グラウジーズのホームページ、インターネット「B.LEAGUEチケット」、セブンイレブン
    〇当日券:富山市総合体育館チケット売り場

    富山グラウジーズのホームページはこちら!

    開催日時:3月16日(土)18:05~
         3月17日(日)13:05~

    ①グラ.jpg


    ~両日のイベント内容~
    〇ミニバス全国大会出場選手の壮行会
    〇富山米新品種「富富富」の販売(選手、ヘッドコーチのサイン入り色紙プレゼント)
     ※富山米新品種「富富富」の販売は、お米がなくなり次第、終了となりますのでご了承ください。
    〇富山米を使用したおにぎり、お茶などの販売
    〇試合の中にも楽しいイベントが盛りだくさん!
    〇3月17日の試合終了後には「JA全農とやま Presents親子バスケットボール教室」を開催
     ※詳しくは、富山グラウジーズのホームページをご覧ください。2月15日から応募開始となります。

    ②グラ.jpg

    レポート

    富山県産「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」PR販売をおこないました。

    JA全農とやまと県野菜協会、県野菜出荷組合協議会は、2月5日(火)、富山市内のスーパーで「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」PR販売をおこないました。
    冬期間の気象条件を活かし、「寒さにさらす」「低温下でじっくり時間をかけて育てる」「一定期間、貯蔵する」などして、甘みが増したり、やわらかく育った野菜を「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」として生産に取り組んでいます。
    店頭には寒締めほうれんそうや寒締めこまつな、ナバナ、プチヴェール、さつまいもなどがそろい、来店した大勢のお客さんが買い求めました。

    ②DSC_9586.JPG
    ①DSC_9563.JPG
    レポート

    第5回肥料農薬担当職員研修会を開催しました

    JA全農とやまは1月30日(水)、富山県農協会館において肥料農薬担当職員研修会を開催し、JA職員より10名が受講しました。
    この研修会は肥料農薬担当職員の資質向上を目的として、年6回の開催を予定しており、今回は5回目の開催となります。
    今回の研修では、肥料・農薬に関する基礎知識の向上をメインテーマとした講義をおこなったほか、生産者に提案できるニーズの高い省力資材について理解を深めました。

    【講義内容】
     (1)肥料・土壌に関する基礎知識について
     (2)農薬の基礎知識について
     (3)魅力ある省力資材の提案について
       ①ラウンドノズルULV5について
       ②豆つぶ剤の特性について
       ③側条施薬、土中施薬について
       ④種子処理剤について

    第6回の研修会は3月の開催を予定しています。

    20190130 研修会.jpg
    農薬の基礎知識の講義を受ける受講生の皆さん

    カテゴリー

    トピックス一覧
    ページトップへもどる