トピックス

    ピックアップ

    合同企業説明会への参加について

     JA全農とやまでは、下記の日程で合同企業説明会に参加します。
     たくさんのご来訪をお待ちしております。

     【IBAC主催 2月Career-Prep Forum in 富山】
     日時:令和3年2月9日(火)12:00~
     場所:ANAクラウンプラザホテル富山
     参加申し込みはこちらから

    レポート

    富山県産「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」の販売が始まりました!

     県園芸振興推進協議会と富山中央青果株式会社、県野菜協会、JA全農とやまは、12月22日(火)、富山市のフューチャーシティファボーレ内のアルプラザ富山で「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」の販売開始にあわせ、店頭PRをおこないました。
     県では、冬期間の気象条件を活かし、「寒さにさらす」「低温下でじっくり時間をかけて育てる」「一定期間、貯蔵する」などして、甘みが増したり、やわらかく育った野菜を「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」として生産に取り組んでいます。
     店頭では、寒締めほうれんそうや寒締めこまつな、にんじん、小かぶが並び、来店した大勢のお客さんが買い求めました。
     また、野菜の甘味を活かしたしゃぶしゃぶや和え物など手軽に作れるレシピを配布し、カンカン野菜の特徴や魅力をPRしました。

     DSC_5293.jpg
     ずらりと並んだカンカン野菜

     DSC_5335.JPG
     店頭でカンカン野菜の魅力をPRしました

    レポート

    「NHK歳末たすけあい」募金に寄付しました!

     JA全農とやまは12月22日(火)、NHK富山放送局で「NHK歳末たすけあい」募金に13万2,500円を寄付しました。寄付金は、11月にJA全農とやま職員と子会社のくみあい建設株式会社、株式会社JAライフ富山社員に募金の協力を呼びかけ集めたものです。
     JA全農は、社会貢献活動の取り組みの一環として「NHK歳末たすけあい」募金等へ寄付をおこなう全国統一運動を毎年実施しています。募金は共同募金会を通じて、国内の福祉施設や支援を必要とする方々のために役立てられます。

    DSC_5357.jpg
    大川 康之管理部長からNHK富山放送局 秋吉 一朗副局長へ贈呈
    レポート

    アグリチャレンジ2020を開催しました!

     富山県JAグループは、12月11日(金)、12日(土)の両日、富山産業展示館(テクノホール)で「アグリチャレンジ2020(担い手農業機械展示会)」を開催しました。
     今年は主穀作用大型農業機械を中心に約500点の展示、低コスト・省力化に役立つ肥料農薬などの生産資材の情報提供のほか、各コーナーでは「生産者・JAなど全国1万人の声を反映した共同購入トラクター第2弾」や「高機能・高性能な富山県JAグループいちおしトラクター」、最新農業用ドローンをはじめとするスマート農業関連機械の展示・提案をおこないました。
     また、県内生産者ほか各方面より講師を招き「野菜導入による農業経営の複合化」についてのパネルディスカッションや講演会をおこない、来場者からは積極的な質問が寄せられるなど、熱心に聞き入っている様子が印象的でした。
     当日は、「新型コロナウイルス感染拡大にかかる富山県指針」にもとづき、3密を避けたレイアウトを心掛けたほか、来場者・スタッフ全員の手指消毒と検温を徹底し開催しました。
     2日間で約1,900名の方にご来場いただきました。
     誠にありがとうございました。

     DSC_5178.jpg DSC_5190.jpg
     最新農業用ドローン展示には多くの来場者が      熱心に農業機械を確認
     集まりました

     DSC_5197.jpg DSC_5231.jpg
     初展示となった共同購入トラクター第二弾        生産者×実需者によるパネルディスカッション

    レポート

    富山県畜産共進会肉牛の部(枝肉)を開催しました

     JA全農とやまは、11月27日(金)、株式会社富山食肉総合センターにおいて、肥育技術向上と、とやま牛のブランド力強化を目的に富山県畜産共進会肉牛の部(枝肉)を開催しました。
     和牛28頭、交雑牛19頭の計47頭が出品され、公益社団法人日本食肉格付協会の格付にもとづく厳正なる審査の結果、最高賞にあたる優等賞1席に、和牛の部ではJA氷見市 宮本 忍さんの出品牛、肉用乳牛・F1牛の部ではJAみな穂 (株)ファーム谷口さんの出品牛がそれぞれ選ばれました。
     宮本さんの枝肉は、重量が607.5kg、歩留まり等級A、肉質等級5、BMSNo.12に格付されました。この枝肉は、ロース芯の大きさ・サシの入り方・肉の色沢など、すべてにおいて優れていると評価され、受賞となりました。
     (株)ファーム谷口さんの枝肉は、重量が507.5kg、歩留まり等級A、肉質等級4、BMSNo.6に格付されました。この枝肉は、ロース芯の大きさや、肉の締まりの良さ、きめの細かさが受賞の決め手となりました。
     宮本さんの枝肉は、3,506円/kg、販売金額2,129,895円、(株)ファーム谷口さんの枝肉は、1,900円/kg、販売金額964,250円でセリ落とされました。

     ※歩留まり等級:枝肉重量に対する部分肉重量の割合。A~Cの3段階に区分される。
     肉質等級:「脂肪交雑」「肉の色沢」「肉の締まり・きめ」「脂肪の色沢・質」を評価し、1~5等級に区分される。
     BMS:ビーフ・マーブリング・スタンダードの略。12段階に区分され、数字が大きいほど霜降りが良く高ランク。

     【和牛の部】
     和牛の部.png

     【肉用乳牛・交雑牛の部】
     肉用乳牛・交雑牛の部.png

     DSC_4980.JPG
     表彰式(優等賞1席の宮本忍さん)

     DSC_4966.jpg DSC_4952.JPG
     和牛の部 優等賞1席の枝肉      肉用乳牛・交雑牛の部 優等賞1席の枝肉

    レポート

    中古農機展示会を開催しました

     JA全農とやまは11月27日(金)~28日(土)、中古農機センターにおいて、中古農機展示会を開催しました。
     会場には家庭菜園用から大型農機まで、約250点を展示し、新型コロナウイルス感染拡大防止策として受付時の検温やアルコール消毒、マスク着用による入場を徹底しました。
     来場者は担当者から製品の特長を聞いたり、触れたりして製品を吟味していました。
     多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。
     次回は3月に開催を予定しています。

     DSC_4995.JPG DSC_5003.JPG

     DSC_5045.JPG DSC_5087.JPG

    ページトップへもどる