平成25年産 富山米初出荷!
 JA全農とやまは、8月23日、鰍iAライフ富山米穀事業部敷地内において、平成25年産米・早生品種「てんたかく」の初出荷式をおこないました。今年は好天続きで生育が早まったため昨年より1週間早い初出荷となりました。今年産の米は天候に恵まれたことなどから、粒の形や粒ぞろい、光沢が前年より良く、例年以上に高品質でおいしいお米です。

 初出荷式では、トラックの乗務員へ安全運転を祈願して、職員より花束が贈呈されたほか、富山大学吹奏楽団が迫力ある演奏で会場を盛り上げました。当日はあいにくの雨でしたが、会場は大いに活気づき、大勢の方が見守る中、「富山県産米 初出荷」と書かれた横断幕を掲げたトラックが次々と県外に向けて出発しました。

初出荷されたのは、JAアルプス管内で生産・検査された新米で、県外では8月末ごろから、県内ではすでに店頭で販売されています。生産者の方が手塩にかけて育てた自慢の新米をぜひご賞味ください!
 
閉じる